都筑区中川

今回の審査対象住宅は、都筑区中川の戸建て住宅です。 依頼主は個人様でした。依頼主様には2パターンあり、仲介会社の担当営業マンが代行依頼してくるケースが多いですが、たまに今回のよう個人様が直接的に依頼してくるケースがあります。

今回は、仲介会社が耐震基準適合証明のことをあまり知らないようでした。買主様がしびれを切らしてネットからクランツ事務所にお問い合わせがあったというわけです。 なので売買契約は終了し、引き渡しの決済日までそれほどの日数はありませんでした。

戸建ての耐震基準適合証明は、2階建て以下の木造戸建ての場合では耐震診断を実施して耐震性の確認ができる住宅だけに発行が可能です。 ちなみにその6割から7割にNGが出ます。この証明書を取得できなければ、登記費用の減税や住宅ローンの減税を受けることができません。

お問い合わせを受けた段階で、耐震診断が必須で合格率は低いことをまずお伝えします。耐震診断は手間暇がかかりますから、まずはその住宅が耐震診断に耐えうるものか否かを事前判定します。そのための設計図等の資料を提供していただきます。