型式適合認定の話

「型式適合認定」とは、住宅メーカーが開発した自社の型式が、指定認定機関による一定の建築基準に適合していることを認定するものです。 大手のハウスメーカーの供給する住宅はほとんどこの型式適合認定を受けたものです。 すなわち、「大手ハウスメーカーの住宅=型式適合認定を受けた住宅」ということが出来ます。

この「型式適合認定」を受けているハウスメーカーの住宅のメリットは、信頼できる構造強度を保持していることです。2階以下の住宅の確認申請では「構造計算書」の提出が不要ですが、ハウスメーカーの供給する住宅は、国が認定した「型式適合認定」を取得しているため、「構造計算書」の提出はされていないものの国による事前評価を受けているため構造的に信頼できる住宅です。

他方でデメリットもあります。 ハウスメーカーは自由設計とPRしていますが、「型式適合認定」を受けているために建物の工法や仕様が決められているため、「型式適合認定」の範囲に限られます。 非難を恐れずに言えば、ハウスメーカーの住宅は敷地が比較的広く地型の良い敷地に向いているといえます。狭隘で地型のよろしくない敷地にははまりにくいといえるでしょう。

それゆえ、構造強度など耐震性の観点から言えばとても信頼のできる構造です。人によっては設計の自由度が少ないために面白みに掛けると感じる場合もあるかと思いますが、構造の玄人の観点からはとてもシンプルで一見するだけで地震に強いだろうと推測できるものです。

上記の観点からクランツ事務所では、2階建て以下の住宅であっても「型式適合認定」を取得した大手ハウスメーカーの供給した既存住宅の場合では耐震診断をすることなく「耐震基準適合証明書」を発行しています。

余計な話かもしれませんが、「型式適合認定」の建物は設計の自由度が低いために面白みの無い住宅になると評価される傾向にありますが、長年この仕事をしている筆者から言わせればとてもシンプルで洗練されているように感じます。逆に設計の自由度の高い木造戸建の場合、設計時点で建て主の要望を強力に反映した住宅が陳腐に感じるのは私だけではないと思うのですが。今回は以上です。